FC2ブログ

妄想盆栽その7。

 蜜柑っぽい感じで。あくまでも妄想です。
 盆栽や活花を見るのは好きなのですが、われわれの年代だとジジ寒い趣味と思われがちです。書家の母の影響で書道を見るのも好きです。基本的にそれぞれのルールなど知らず、普通に絵や彫刻を見るような感覚で見ています。
 自分が楽しく鑑賞できればよいというスタンスです。

 というわけで、蜜柑ですが、まぁそのへんは適当に。
bonsai10.jpg
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=468703

【今日のamazon35%OFF以上・変更追加分デュプロオススメ品】
#7618 デュプロ 楽しいどうぶつえん 46%OFF
#7614 デュプロ ぞうさんのバケツ 38%OFF
#2304 エクスプロア デュプロ 基礎板 緑 37%OFF
#5639 デュプロ ファミリーハウス 36%OFF

※記載時点で在庫があるセットを記載しています。価格や在庫状況は変動します。

 デュプロシリーズは、推奨年齢を2~5歳としていますが、1歳くらいからでも楽しめるので、出産祝いなどにもオススメの商品だと思います。
 おそらく、1歳くらいでは組み立てることはほぼできませんが、緩く組み立てたものをバラして喜んだり、ブロック自体を舐めまくったりすることから始まります。やがて、親と一緒に触れ合うことで、色や動物の認識能力の発展に貢献するでしょう。
 2歳くらいになれば、まっすぐ積み上げてみたり、並べてみたり、自分でできるようになります。たくさん積めたり、高く積めたら褒めてあげると更にがんばります。
 3歳くらいからは、かなり目的を持ってレゴを組み始めます。子供が自分の作品を誇らしげに持ってきた時は、「これは何をするものなのか」「なぜこういう形にしたのか」など作品を作り上げるにあたっての5W1Hを確認してみるとよいでしょう。しっかりとした「妄想」で答えてくれる子は稀です。最初のうちは、なんとなく答えてくれる子、考え込んで黙ってしまう子、いろいろです。これは、普段からどうしてこういうことになっているのかという疑問を持たせるために行います。継続することによって、子供たちはそれを頭のどこかに置きながら作るようになり、こちらの質問にも答えてくれるようになります。世の中にはなんでも「理由」が存在します。それを想像して自分なりに解釈する行為は大切な能力であり、問題解決力や処世術につながるものだと思います。
 これは一般的な話なので、自分の子供が違うと心配する必要はありません。能力の開花はタイミングです。得手不得手も当然あります。だから気にせず悠然と構えて子供と一緒にレゴを楽しんで下さい。お子さんの違った能力を垣間見ることができるかもしれませんよ。

コメント

Secret

プロフィール

■ここについて
 世界中で愛されるブロック玩具『LEGO』。そして、世界中のレゴファンが、様々なレゴに関する画像をアップして、世界のレゴファンに向けて発信するサイト『Brickshelf』。そんなBrickshelfのギャラリーに日々アップロードされ続ける玉石混交の画像から勝手に個人的な視点でピックアップし、好き勝手に「いい感じ~」とか緩く言い続けた(過去形)だけのブログです。好き勝手なので、あまり気にしないで下さい。
 主にそんな感じの内容。

 「LEGO」「レゴ」はLEGO Groupの登録商標です。このBlogは、LEGO Group及びレゴジャパンとは関係ありません。

■適当に管理してる人
あずむ

■あずむの適当なレゴギャラリー
 Brickshelf Gallery

■関連ブログ
 カップ焼そばブログ

■E-mail
 bingo★lego.le.to

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
管理
QRコード
QR
LEGOリンク
amazon

スポンサードリンク